川崎市で募集されることが多い保育求人にはどんなものがあるか?

川崎市では、公立保育園の他、社会福祉法人や株式会社が運営する保育所、児童養護施設など様々な保育求人が募集されることがあります。最近では、30歳未満の若者から施設長や主任保育士の経験者を対象としたものまで色々なタイプの求人があります。

そのため、自分自身の年齢やキャリアなどに見合った職場を探すことが大切です。

札幌にある保育園の求人に採用されて働いていたときのこと


定年まで安心して働くなら公立保育園を選ぼう

川崎市の公立保育園の正規職員は、民間と比べて基本給や福利厚生など様々な面で優遇されており、定年まで安心して働きやすいといった魅力があります。また、市内の複数の保育園で経験を積みながら様々な役職や業務内容を担当できるというメリットがあり、キャリアアップを希望する人にとっても理想的な就職先として捉えられています。

公立保育園の正規職員の求人は、自治体のホームページの他、民間の求人情報サイトなどに掲載されることもあるため、採用試験の日時や内容などを早めに確認しておくことがおすすめです。保育士の採用人数は、自治体の予算や各保育園の入所希望者の人数、職員の欠員状況などによって大きく左右されるため、試験の準備を始めるにあたり、最新の情報を集めることが大事です。

新卒で公立保育園で働きたい人は、採用後の働き方についてしっかりと理解を深めるうえで、採用試験の受験希望者を対象に開かれる自治体の説明会などに参加をしたり、実際に身近なところにある保育園を見学させてもらったりするのも良いでしょう。

なお、過去に民間の保育園で働いたことがある人や、保育園の他にもいろいろな児童福祉施設でのキャリアがある人は、他の受験者に差をつけるため、面接の際に能力や経験をアピールすることが肝心です。

未経験者は社会福祉法人が運営する保育園の求人をチェック

川崎市の周辺にある社会福祉法人が運営する保育園の中には、人材育成を目的として30歳未満の保育士資格を持つ若者を積極採用しているところがたくさんあります。特に、市内の複数の保育園を管理する法人では、保育園の近隣に住む保育士の受け入れを行うために、年間を通して園内の見学を受け付けたり、電話やメールで相談に乗ったりしているところもあります。

そのため、保育の仕事に少しでも興味があれば、評判が良い社会福祉法人の公式ホームページを覗くだけでなく、採用担当者に求人票を見ただけでは分からない点を質問することがおすすめです。

また、保育園によっては若手の人材確保に向けて、周辺の大学や短大、専門学校などで求職者向けの相談会を開いたり、現役の保育士が就職に向けたアドバイスをしたりすることもあり、新卒者も安心して就活に取り組みやすい状況となっています。

一般的に、保育士の平均勤続年数が長い社会福祉法人は、採用試験の人気が出やすく、採用者の人数が少ない傾向が見られるため、同じ保育園で長く保育業務に携わりたい人は、じっくりと書類選考や面接に備えることがポイントです。

その他、社会福祉法人の開園予定の保育園では、オープニングスタッフを募集するため、一度に十人以上の職員を採用することもあり、若手からベテランまでチャレンジしやすい状況となっています。

自分の特技や経験を活かしたい人は株式会社が運営する保育園も検討しよう

川崎市内にある株式会社が運営する保育園では、公立や社会福祉法人とは異なり、英語教育やスポーツなど特色のあるカリキュラムを取り入れているところが目立ちます。そうした中、自分の特技や経験を生かして保育の仕事をしたいという人は、株式会社の保育園の求人を優先的に探してみることがおすすめです。

最近では、公立や社会福祉法人の保育園だけでなく、保育士に人気がある株式会社の保育園をピックアップしている求人サイトの数も増えているため、働きがいのあるところを見極めるうえで、早めに評判が良いサイトを使い始めると良いでしょう。

なるべく待遇が良い株式会社の保育園を就職先に選びたい人は、社会的に信頼されている語学の資格を持つ人や、スポーツのインストラクターの経験がある人を対象に手当を支給しているところを見つけましょう。株式会社の保育園は、社会福祉法人と比べて自治体から支給される補助金が少ない傾向があるため、収入に不満を感じることなく働くには、長期にわたり経営状態が良い保育園の求人に応募をすることが大切です。

なお、民間の保育園の保育方針や保育業務の内容については、経営者の考え方によって大きな違いがあるため、就職をしてから後悔しないために、求人に応募をする際に各保育園の特徴をきちんと把握しておきましょう。

乳児の保育に自信がある人は市内の乳児院や母子生活支援施設もおすすめ

乳児の保育に自信がある人は、川崎市内の保育園だけでなく乳児院や母子生活支援施設などの求人に応募をするのも良いでしょう。一般的に、乳児や保護者が入所する施設においては、夜勤や宿直を任されることもありますが、高額な手当が支給されるため、保育園と比べて高収入を得やすいといった魅力があります。

また、乳児院や母子生活支援施設においては、乳幼児の保育だけでなく、家族や児童相談所、学校など様々な立場の関係者と接する機会が多いため、将来に役立つ経験を積むことも可能です。一方、川崎市内の人手不足の施設では、時期によって一人あたりの保育士の仕事量が増えたり、希望通りの休日が取れなくなったりすることもあります。

そこで、仕事と家庭生活の両立を図るうえで、人員配置や勤務体制が適切かどうか、施設ごとの事情を確かめる必要があります。

短時間勤務を希望する人は学童保育の求人もチェック

川崎市内の学童クラブでは、予算の都合によりパートやアルバイトの職員を確保しようとするところが増えています。そうした中、保育士資格や小学校教諭の免許などを生かして働きたい人は、希望の時間帯や曜日に働ける学童保育の求人を日ごろからチェックすると良いでしょう。

学童クラブによっては、保育業務の経験が豊富な人や、複数の免許資格を持つ人に対して時給アップをしたり、優先的に採用したりしているところもあります。有資格者の正職員が配置されている学童クラブの中には、業務に関係する資格を持たない人や学生、主婦などを受け入れているところもあり、仕事をしながら業務を覚えられるようになっています。

なお、交通アクセスや時給などの面で魅力がある学童保育の求人は短期間で応募が締め切られてしまうことも多いため、タイミングよく求人選びをすることがおすすめです。