保育求人サイトは何が良いの?保育求人サイト比較一覧表はどこで探す?

保育関係の求人は、どこで探せばいいのか悩んでいる方もいるでしょう。求人を探すなら求人サイトをチェックするのが一般的ですが、保育関係の求人はどんなサイトを利用すればいいのか悩みませんか?そこでこの記事では、保育関係の求人を探している方のために、どんな方法で求人を探せばいいのか、保育専門の求人サイトにはどんな特徴があるのかを説明していきます。

札幌にある保育園の求人に採用されて働いていたときのこと


保育求人サイトとは

保育求人サイトは保育関係に特化した求人サイトで、保育所や認定こども園、幼児教室など様々な形態の求人を扱っています。募集地域についても基本的に全国を対象とした求人サイトが多く、自分が働きたい地域で求人を探すこともできます。

また、求人サイトにはいろいろな種類があり、例えば多くの職種を扱った総合的な求人サイトから、専門性に優れた求人サイトまで様々です。その中でも保育関係に特化した求人サイトは複数あるため、もし保育士の仕事を探しているなら、こういった専門の求人サイトを利用すれば希望通りの求人を探せる可能性があります。

川崎市で募集されることが多い保育求人にはどんなものがあるか?

保育求人サイトのメリット

保育求人サイトのメリットは、「求人が豊富」「転職をサポートしてくれる場合がある」「無料で利用できる」の3つです。「求人が豊富」というのは、総合的な求人サイトよりも、専門性に特化した求人サイトの方が求人が集まりやすいからです。

保育士の求人を探している人は、保育士に特化した求人サイトを利用する傾向があります。そのため、求人を掲載する側も専門の求人サイトに求人を載せた方が、人材が集まりやすいと考えるのです。総合的な求人サイトが悪いわけではありませんが、人材を募集している側と求人を探している側の両方が利用しやすいので、保育求人サイトの方が必然的に保育関係の求人が多くなります。

「転職をサポートしてくれる場合がある」とは、求人サイトの担当者が転職先の希望をヒアリングして、その希望に沿った求人を探してくれることです。また、履歴書や職務経歴書の書き方などのアドバイスもしてくれます。

しかも、面接での応対の仕方や面接日の日程調整まで、転職にかかわるすべてをサポートしてくれます。すべての求人サイトが転職をサポートをしてくれるわけではありませんが、保育求人サイトでもそういったサポートをしてくれるサイトはあります。

「無料で利用できる」とは、基本的に求人サイトはすべて無料で利用できるということです。転職をサポートしてくれるサイトであっても、転職が成功するまで完全無料で利用できるため、転職活動が不安で悩んでいるなら、そういったサポートがある求人サイトの利用は転職活動の負担を減らせます。

このように保育求人サイトは求人の量や質、転職に関する悩みの緩和など様々なメリットがあります。

有名な保育求人サイトを紹介

保育士専門の求人サイトはいくつかありますが、その中でも有名なサイトはいくつかあります。例えば「保育士バンク」は、他の保育士専門の求人サイトよりも求人の数が多く、日本でも最大級の求人数を誇るサイトです。しかも、担当者が転職活動のサポートまでしてくれるので、多くの求人の中から転職先を探したかったり、転職活動の負担を減らしたかったりする場合は利用価値があるでしょう。

また、「ホイリー」は、転職をサポートしてくれるアドバイザーが保育現場経験者のため、専門的な転職に関するアドバイスをしてくれます。

しかも、実際に保育の現場で働いている人にアンケート調査を行い、職場の実態をデータとして蓄積しています。

そのため、新しい職場の雰囲気や人間関係に不安を抱いているなら、「ホイリー」は求人先の職場環境も把握しているので、転職後の人間関係の悩みを減らすことができるのです。

また、「保育ひろば」は、日本全国の高待遇の求人を約1万件扱っていて、正社員だけではなく派遣やパートなどの求人もあります。

しかも、転職活動のサポートはもちろん、転職先が決まった後の給与の交渉なども代行してくれるので、自分では交渉しにくい部分もサポートしてもらえるでしょう。「マイナビ保育士」は、東京や神奈川などの関東圏に強い保育士専門の求人サイトで、大手のマイナビが運営している求人サイトのひとつです。

特徴としては、求人数は他の求人サイトよりも少ないですが、保育士としてのスキルアップのためのセミナーや応募書類の書き方のアドバイス、求人先の人間関係の情報など、「マイナビ保育士」を利用しないと手に入らない貴重な情報を入手できます。

総合保育サポート&サービス「明日香」も東京や横浜、名古屋や大阪に強い保育求人を行っている総合サービスサイトです。「関連リンク > 保育求人 > ASUKA

このサイトでは求人情報だけでなく、法人向け保育サービスやベビーシッターサービスなど、保育専門会社ならではの視点で多角的なサービスを展開しています。20代~60代までの幅広い年代が活躍している保育現場を紹介してもらえます。

他にも保育士専門の求人サイトはたくさんあるので、自分に合った求人サイトを探して利用すれば、転職後に後悔することも少なくなります。

保育求人サイト比較一覧表はどこで探す?

複数の保育求人サイトを比較する場合、保育求人サイト比較一覧表はどこで探せばいいのか悩みますよね。基本的に複数の求人サイトを比較するなら、専門の情報サイトを利用するしかありません。保育求人サイトはたくさんあるので、それぞれのサイトを比較したサイトは複数あります。

比較内容については、「地域」「求人数」「転職のサポートがあるのか」「求人先の情報は持っているのか」です。細かい比較項目はもっとありますが、ほとんどの比較サイトにある情報としてはこの4つが基本です。

求人サイトを利用する場合、自分が働きたい地域の求人を扱っているのかはとても重要で、多くの求人の中から転職先を探したいなら、求人数が多い方が選択肢が広がります。

また、転職活動に不安があるなら転職をサポートしてくれるサービスは必須になるし、転職後の人間関係で悩みたくないなら、内部の情報を持っているのかも重要です。これらの項目を比較したサイトを探すなら、「保育求人サイト比較」などで検索すれば、いくつもの比較サイトがあるので、保育求人サイト比較一覧表も見付かるでしょう。

自分に合った保育求人サイトを探す

保育求人サイトは基本的にほとんど同じですが、細かい部分ではそれぞれ特徴があります。例えば転職のサポートをしてくれるのか、求人を掲載している地域はどこまで対応しているのかなどです。転職をサポートしてくれるのは有難いですが、人によっては面倒に感じてしまう場合があります。

担当者と連絡を取る割合が多くなり、わずらわしいと感じたり自分のペースで転職活動ができなかったりと、人によってはマイナスに感じることもあります。そのため、様々な求人サイトを比較してその特徴をチェックし、自分に合った求人サイトを探して利用しないと、登録後に後悔する可能性もあるでしょう。